BLOG DETAIL

Detail

MAMIKO KAJIWARA Chief Marketing Officer

2015.06.15

意外と難しい!新郎衣装の決め方マニュアル

4365 view

DRESS

blog009

花嫁のウェディングドレスより新郎の衣装はすぐ決まるでしょ!そう思って見に行ったらなかなか決まらなかった!そんな方も多いのではないでしょうか。

また、新郎の衣装は披露宴の時間帯によって決めべきなきのかなどなど、様々な情報を簡単に集められるようになった今、準備を進めていくうちにそんな疑問を持つ新郎新婦も意外と多いのです。

実際のところはどうなんでしょうか?
今回はそんな疑問を解決しながら新郎の衣装選びのお手伝いをさせていただきたいと思います。

男性のフォーマルウェアーの基本

衣装の種類は下記の通り3つに分けられます。

お開きの時刻が午後6時(冬は午後5時)以前なら昼、以降なら夜の装いをする、とされています。


(1)正礼装

(2)準礼装

(3)略礼装


(1)正礼装


・昼・・・「モーニングコート」

    「フロックコート」

・夜・・・「燕尾服」

    「タキシード」


・昼・・・「モーニングコート」

E82F6171-4440-46AD-87C0-054EC4B4AD9A

出典元:tuxedoranking.com


基本スタイル:上着の色は黒。アイボリーやグレーまたは共生地のベスト、
グレーの縦縞のスラックスを合わせて着用します。

結婚式で父親の衣装として使用されることが多いと言えます。

モーニングコートにおいては完全なルール通りの着こなしこそ、
もっともおしゃれで品があるように見えるのです。


・昼・・・「フロックコート」

4FB61161-A9F7-407B-9FC2-3480AA72CD8B

出典元:www.kashiisyou.com


基本スタイル:黒もしくはグレーのダブルの上着に、
立衿シャツとアスコットタイを組み合わせるのが正しい着方。

落ち着いたイメージなので、どっしりと落ち着いた男性らしいイメージを演出したい方にはぴったりです。

大きな身頃で丈が長いので大きな教会での挙式や、
トレーンの長いウエディングドレスとの組み合わせが好相性です。


・夜:「燕尾服」

B665EEED-971B-42FF-97BF-CC50FB8A73B9

出典元:store.y-aoyama.jp


基本スタイル:拝絹地のピークドラペルで前のボタンはかけずに着用します。
白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイトタイとも呼ばれています。

庶民の生活からはほど遠い存在で、最近ではその地位をタキシードに譲る感じ・・・といったところでしょうか。

さらには特別な場所・特別な場合・特別な方だけしか着用されないので、ほとんど需要ないのが現状で世界的に取り扱いが減少しています。


・夜:「タキシード」

DD791606-7CC6-4717-B44C-E1DE186B27AD

出典元:tuxedoranking.com


基本スタイル:タキシードのジャケット・パンツ・立衿のシャツ・蝶ネクタイ・カマーバンドもしくはベストを着用。

こちらは別名「ブラックタイ」。夜の正礼装としてのタキシードには、黒蝶タイが必ず用いられます。

最も一般的に選ばれる定番の衣装で約8割の花婿さんがタキシードを選ばれているのだとか。

タキシードはシャツ、小物等を自由自在に組合せが可能でその着方・着こなしは無限にあります。


(2)準礼装


・昼・・・「ディレクターズスーツ」

・昼&夜・・・「ブラックスーツ」

       「ファンシータキシード」


・昼・・・「ディレクターズスーツ」

00F66976-D22A-4DD1-BEDA-85F42B4904BC

出典元:www.excy.co.jp

 

基本スタイル:ブラックスーツに、ストライプド・パンツやベストを合わせます。

フォーマルスーツよりワンランク上の 慶事用スーツに位置づけられています。

ディレクターズスーツのジャケットはダブルよりもシングルの方が、
格段にスマートな印象を与えてくれますよ。

 

・昼&夜・・・「ブラックスーツ」
8F03CF2D-A99D-420B-A96F-56F957B44806

出典元:www.excy.co.jp

 

基本スタイル:黒ジャケットに共布のスラックスを合わせます。

日本だけで通用する準礼装(セミフォーマル)で、
海外では礼服ではなく単なる黒のビジネススーツとしてしか見られないので海外挙式をする場合には注意が必要です。

 

・昼&夜・・・「ファンシータキシード」

44B55F8E-F064-42AE-B99E-209FF12C27C8

出典元:atmens.com


基本スタイル:ジャケットの色や形状に関わらず、
黒のズボンを合わせるのが基本ですが、最近では写真のように上下同色のものも増えています。

さらにファンシータキシードは日本独自のスタイル。
色はカラフルで光沢のあるものなど、色彩や素材、デザインに多様なバリエーションがあるのが特徴です。


(3)略礼装


・昼&夜・・・「ダークスーツ」


・昼&夜・・・「ダークスーツ」

EE69D777-5BA4-46BE-B4F0-1DEE48AC7A64

出典元:www.global-style.jp


基本スタイル:ネイビーやグレーの無地のダークスーツが基本となっています。

新郎が着用する場合はアスコットタイを活用すると主役らしい服装に。
またカラーシャツも、新婦のドレスやブーケと色を合わせれば統一感のある演出が可能です。

最近人気のカジュアルレストラン等の式ではダークスーツを着用することが多くなっています。

披露宴の時間によって衣装を選ばなければいけないのか?

(1)結婚式にふさわしい新郎の衣装は「正礼装」もしくは「準礼装」


 C4FCAE4E-89D8-4B59-836B-DCE16A568630

出典元:idealwedding.info


新郎の衣装はタキシードが基本となっていますが、オシャレの幅を広げたり、
花嫁の衣装と合わせて、ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ファンシータキシードなども素敵ですね。


出典元:www.veuxtumebloguer.fr


そして本来の正礼装は黒になりますが、最近ではより柔軟で自由になり、様々な色が用いられています。


(2)新郎の衣装は披露宴の時間によって決めるべき?



ED79621B-3BFC-46CD-B93E-0DFA703997C0

出典元:us.suitsupply.com


結局のところ、迎賓館や宮中晩餐会にお招きされない限り、細かいことは気にしなくてOK!

最近では昼の披露宴でも、タキシードを着用されてる方は大変多いんですよ。


おしゃれを楽しみたいなら、こまかな決めごとが多い正礼装よりも、自由にアレンジできる準礼装をおすすめします!

何より大切なのは、花嫁やパーティーの雰囲気とのバランス

1B703231-6C21-4889-8AEC-BFA25FF6CC96

出典元:stylemepretty.com


結婚式のスタイルもずいぶんと自由になった時代です。

格式よりも、会場の雰囲気に合わせて選んだり新婦と並んだ時にバランスの良いコーディネートを心がけるのがいいのではないかと思います。

まとめ

結婚式の準備をするにあたって沢山の情報が簡単に入る便利な時代。

ちょっと頭でっかちになりすぎてしまったり、いろんな情報に気持ちを左右されて不安になることも多いでしょう。

 

何より大切なのは「あなたらしさ」のある結婚式にすること。

それが何よりも衣装に現れると思いますし、ゲストの皆さんもそれを楽しみにしているはずです。

 

お二人らしさのある衣装、楽しみながら見つけて下さいね。

SAMPLE

CONTACT

只今ご注文が殺到しております。
挙式日によってはお引き受けできない日がございますので、
お早めにお申込みください。

このページのトップへ移動