BLOG DETAIL

Detail

YUKA MISHIRO Videographer & Editor

2016.02.19

5万円以下でウェディングドレスを購入!安く、賢く、かわいいドレス選び

134

5万円以下でウェディングドレスを手に入れられたら、どんなに結婚式費用を節約できる事でしょう?

 

レンタルが主流とも言えるウェディングドレスですが、実は購入した方が場合によっては衣装代をかなり抑えられるんです。

 

そこで今回は、5万円以下で可愛いドレスが購入できるショップ5選をご紹介致します。

今後のご参考になれば幸いです。

 

ウェディングドレスはレンタル?それとも購入?

150DEC73-E653-4873-9816-09076BEE79AC

 

(1)選択肢は2つ

ウェディングドレスを選ぶ際、「レンタル」か「購入」かの二択になります。

そして「購入」という選択肢を選んでも、次にフルオーダーやセミオーダーもしくは既製品という選択肢がでてきます。

 

ここで、フルオーダーやセミオーダーのドレスを選択すると費用はレンタル代よりも高くなる場合がありますが「既製品」のドレスの購入はグンと値が下がり、格安で購入する事が可能なんです。購入方法は、ネットショップや格安で販売しているドレスショップに実際に足を運んで購入します。

 

(2)先輩花嫁のウェディングドレス購入事情

それでは、実際にウェディングドレスを購入した先輩花嫁の購入に至った理由をみていきましょう。

 

■case.1

海外挙式〜国内での披露宴まで期間が6ヶ月近くあいていたので、2度レンタルするよりも購入した方が安かったから。

結婚式当日の1回だけでなく、前撮りや海外挙式など2回以上ウェディングドレスを着用する予定がある花嫁は、購入する選択肢を選ぶ人も少なくないようです。

 

■case.2

式場のドレスショップに、自分好みのドレスがなく、しかも値段が高い…。

妥協はしたくなかったので、自分の納得いくデザインのものを、ネットショップから探して購入した。結果的に、これだ!という自分好みのドレスに出会え、更に費用も大幅に抑える事ができた。

ブランドドレスや、高級感のある素材などにこだわりがなければ、自分好みのものを納得した値段で選ぶ節約上手の花嫁さんも多くいるようです。

 

■case.3

誰かが着たドレスではなく、新品が着たかった。

式場やドレスショップでレンタルする場合、綺麗にメンテナンスはされているものの、ほとんどが既に他の人が着用したもの。

せっかくのウェディングドレスは新品じゃないと嫌!自分だけのドレスにしたい!といったこだわりから購入に踏み切る花嫁も。

 

(3)購入のメリット

(2)の先輩花嫁の購入理由をもとに、ウェディングドレスを購入した場合のメリットをまとめると以下のような事が挙げられます。

 

・2〜3回着る場合、レンタル費用より安く抑えられる

・新品のドレスを着る事ができる

・自分しか着ないので、サイズ直しが可能

・選ぶものによっては、費用を大幅に抑えられる

・自分で納得のいくデザインを選べる

 

衣装代の節約は結婚式費用の大幅な節約につながる!

save money for investment concept with a green button on computer keyboard

 

結婚式にかかる費用のうち、実は衣装代は多くの割合を占めているのをご存知でしょうか。

以下は、ドレスのレンタル・購入でかかった費用(1着分)のランキングです。

 

1位 20〜25万円未満 18.7%

2位 30〜35万円未満 18.0%

3位 25〜30万円未満 16.8%

4位 15〜20万円未満 12.5%

5位 10〜15万円未満   9.0%

 

出典元:新生活基準調査2015(リクルート ブライダル総研調べ)

 

ウェディングドレスの費用が、結婚式にかかる全体費用を占める割合は決して低くない事がわかります。また、これは1着分の費用なので2着着る場合は更に上乗せされ、そして新郎の衣装代もプラスされるので、決して安い金額ではありませんよね。

結婚式の見積もりを見て、少しでも節約できる所はないかと考えた時に、衣装代を見直す事で大幅な節約に繋がるんです。

その節約の一つの手段として、「購入」という選択肢があるので、検討材料の一つにしていただければと思います。

購入を検討する前に、必ず確認する事!

購入を検討する前に、必ず「持込み料」の確認をしましょう!

持込み料とは、その名の通り式場提携のドレスショップ以外のドレスを持ち込む場合に発生する費用の事で、持込み料の相場は大体5〜10万円。

決して安い金額ではありません!下手したら、もう一着購入やレンタルできてしまう値段ですよね。なので、購入する事を検討しているのであれば、あらかじめ式場にドレスの持込み料がかかるのかを必ず確認をしましょう。

持込み料がかかる会場でも、中には1着でも提携のドレスショップからレンタルすれば持込み料は無料になるなどのサービスがある所もあるようです。

購入して、衣装代を節約できた!と思っていて、後から持込み料がかかる事を知り、なんか損した気分になってしまった…なんて思いをしないように気をつけましょう。

 

「持ち込み料」については以前の記事、<結婚式はお金がかかるからこそ、知っておきたい「持ち込み」について!>も合わせてご覧下さい。

 

5万円以下で買えるドレスショップ5選

それでは、破格の5万円以下でウェディングドレスが購入できるおすすめのドレスショップをご紹介致します。

 

(1)ブライダルアモーレ

D3EAED1F-5C3C-4790-94E9-4F7DF3928CCF

公式サイト:http://www.rakuten.ne.jp/gold/angelamore/

 

ゼクシイでも、何度か掲載されているブライダルアモーレ。ウェディングドレスブランド「TIGLILY」を唯一国内で独占販売しているショップです。TIGLILYは、おとぎ話の中のお姫様のようなイメージのドレスや、斬新でユニークなデザインのドレスが揃うブランド。

このショップの注目ポイントはネットショップだけど試着ができるということ。

ネットショップでの購入で一番不安なのが、写真と実物のギャップ。購入に迷ったらまずは試着用のドレスを自宅まで送って貰えるサービスを是非利用してみましょう!

 

(2)Landy Bridal

98E1BECE-8B85-4578-9D30-C1B0C79930F4

公式サイト:http://www.landybridal.jp/

 

サイズオーダーはもちろんの事、肩や袖をつけたり、バストラインの形を変えたりとデザインのアレンジも対応可能。

低価格でありながらも、その値段に引けを取らない上質なデザインのドレスが豊富。

 

(3)Taidobuy(タイドバイ)

500622ED-35EF-4DD8-9F77-82F143965813

公式サイト:http://www.taidobuy.com/

 

中国の通販サイト、タイドバイ。ほとんどのウェディングドレスが3万円以下で購入でき、ドレスの他にもレディースファッション、メンズファッションの激安商品の品揃えが豊富。

 

(4)BUYDRESS

09ABD198-BFFD-4B47-827F-EDE9A8F1CBCE

公式サイト:http://www.buydress.jp/

 

BUYDRESSは、オンラインショップ限定でコストを削減しており、また工場直販価格で販売しているのでリーズナブルな価格でウェディングドレスが販売されている激安ショップです。安いだけではなく、注文が入ってからそれぞれのサイズに合わせたドレスを製作してくれるセミオーダーも嬉しいポイント。

 

(5)どれせる

E10AA01F-9386-4F44-AACE-846A45547887

公式サイト:http://dress-sale.net/

 

メディアにも多く取り上げられている、日本最大級のウェディングドレス即売店。ウェディングドレス・カラードレス・タキシードを1,500着以上の驚きの商品数!

中古品が中心ですが、新品のドレスもあります。また、レンタルでも高くて手がでないようなブランドドレスまで取り扱いがあるので、運命の一着に出会えるかも!?

価格は1万円〜15万円で、定期的に10%〜90%OFFのセールも行われているので、気になる方はホームページを要チェックです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットショップで購入する場合(特に海外輸入のもの)、ビーズやスパンコールなど装飾のほつれがあったり、縫い目が甘かったりと欠点が少なからずあるようです。

 

実物が確認できる店舗があれば、必ず自分の目で見て確認をしましょう。

 

花嫁のドレス選びは結婚式準備のメインイベントといっても過言ではありませんよね。安ければいい、高ければいいという訳ではなく、自分の納得のいく「値段・デザイン」のドレスを選んで下さいね。

 

SAMPLE

CONTACT

只今ご注文が殺到しております。
挙式日によってはお引き受けできない日がございますので、
お早めにお申込みください。

このページのトップへ移動