BLOG DETAIL

Detail

CHIHIRO UKIANA Web writer & Editor

2019.03.26

少人数結婚式の流れを確認しよう!少人数だからできることご紹介

427 view

OTHER

少人数結婚式とは、30名以下の親族やお友達などのゲストと挙げる結婚式のこと。

一般的な大人数結婚式と比べ、挙式費用が抑えられ、親しい間柄のゲストと過ごせるため、人気の形態です。

この記事では、少人数結婚式をご検討の方に向けて、1日の流れや少人数の結婚式だからできること、オススメの都内式場をご紹介していきたいと思います。

                        

少人数結婚式当日は8つのプログラミングで計3時間ほどが目安


少人数結婚式の1日の流れは、下記のようになっています。

・新郎新婦式場に入り、準備開始
・挙式スタート!新郎新婦入場
・食事
・歓談や余興など
・謝辞(新郎新婦or親御さんからの挨拶)
・新郎新婦退場

受付から退場までで3時間ほどかかります。

また、準備のために新婦は挙式開始時間より3時間前、新郎は1時間前に会場入りします。

上記の場合、新婦は7時ごろ、新郎は9時ごろに式場入りし、ヘアメイクを始めます。

そしてゲストとお食事をして、退場するのは13時ごろになります。

挙式会場と食事会場が異なる場合は、移動時間もかかります。

(1)少人数結婚式の1日の流れの具体的な例

上記を踏まえて、少人数結婚式の1日の流れの具体的な例をご紹介します。

・07:00 新婦式場に入り、準備開始
・09:00 新郎式場に入り、準備開始
・10:00 挙式スタート!新郎新婦入場
・10:10 新郎新婦のウェルカムスピーチ(挨拶)
・10:20 新郎新婦がお互いに紹介し合う
・10:30 乾杯の挨拶
・10:40 食事開始
・お色直し
・ケーキ入刀、ゲストに配分
・花束、手紙贈呈
・12:50 謝辞
・13:00 新郎新婦退場

食事に2時間、挨拶などそれ以外に1時間で合計3時間掛かります。

お色直しに掛かる時間は、着るものによって異なります。そのため、時間配分に気をつけなければなりません。

ドレスからドレスのお色直しで20〜30分ほど、ドレスから和装で30〜40分ほど、和装から和装で15分ほどです。

少人数ウェディングの際のお色直しについては、こちらの記事「少人数結婚式のお色直しの秘訣はおもてなし演出にアリ!?アイディアまとめ」にて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

                            

大人数結婚式とのちがいは?少人数の結婚式だからできること

(1)ゲストとゆっくり時間を過ごせる

少人数ウェディングは、ゲストが30名以下なことがほとんど。さらに、親族や親友など、近しい仲の方が中心です。

大人数結婚式の場合、ゲストの数は50名以上が一般的です。ゲストの中には、親の関係者や、職場の上司や先輩もいらっしゃることでしょう。

そのため、少人数ウェディングでは、大人数結婚式と比べてゲストとリラックスしてゆっくり時間を過ごせます。

人数が多ければ多いほど、ゲストひとりひとりと会話するのも時間がかかってしまいます。

また、ゲストと記念写真を撮影するのもなかなか難しいことも…。

一方で、少人数ウェディングでは、上記のようなことなくゲストとコミュニケーションを取れます。

例えば、各ゲストテーブルに新郎新婦に席を設け、自由に行き来できるように工夫することもできます。

ゲストテーブルをまわって歩くテーブルラウンドよりゆっくり話せて、写真撮影できます。

(2)ゲストひとりひとりに合ったおもてなしができる

お食事は、ゲストが結婚式でもっとも楽しみにしていることといっても過言ではありません。

ですから、お子さんやご高齢の方がいらっしゃる場合、できる限り食べやすいものを用意したり…。

お酒好きが集まっている場合、種類豊富な酒柄を用意したりして、とっておきのおもてなしをしたいですよね。

少人数ウェディングでは、そういったニーズにも対応しやすいです。

また、引き出物に関してもひとりひとりに合ったものを贈れます。

(3)挙式費用を抑えて、リゾート婚も視野に

少人数ウェディングは、大人数と比べて挙式費用を抑えられます。

挙式とお食事(披露宴)をする場合、10名前後の場合は70万円ほど。20名前後の場合は100〜120万円ほど。30名前後の場合は150〜200万円ほどとなります。

挙式のみの場合は、人数関係なく20万円~40万円となります。

一方で、大人数ウェディングの平均費用は360万円ほど。両者を比べてみると、大きく差があることがわかりますね。

少人数ウェディングをお考えで予算に余裕がある場合は、ハワイ軽井沢などリゾートウェディングも視野に入れられます。

また、挙式のみをお考えの場合は、後日レストランや料亭などでお食事することもできます。

                            

少人数ウェディングができる♡都内式場3選

最後に、少人数ウェディングが挙げられる都内の結婚式場をご紹介していきたいと思います。

(1)ホテルメトロポリタンエドモント



■住所:東京都千代田区飯田橋三丁目10番8号

東京駅からJRで8分の飯田橋駅・水道橋駅より徒歩5分に位置するホテルメトロポリタンエドモント。

こちらの魅力は、なんといっても中村勝宏シェフが手がけるお料理です。

中村勝宏シェフは、日本人で初めてミュシュランの星を獲得した方です。

収容人数は2名から。挙式スタイルは教会、神前、人前、仏前に対応しています。

JR系列ホテルで、宿泊特別割引があるため、遠方からお越しの方も安心です。

(2)RESTAURANT LUKE with SKY LOUNGE



■住所:東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン47

料理がおいしく、夜景がキレイと定評のあるRESTAURANT LUKE with SKY LOUNGE。

挙式会場は東京タワーとスカイツリーが一望できる開放的な空間が広がっています。

東京駅から車で6分、築地駅より徒歩5分と好立地。

収容人数は6名から。挙式スタイルは教会、人前に対応しています。

(3)ルシェルブラン表参道


■公式サイト:http://www.lecielblanc.com/
■住所:東京都渋谷区神宮前5-17-22

表参道駅より徒歩6分に位置するゲストハウス、ルシェルブラン表参道。

ルシェルブラン表参道の魅力は、持ち込み料が無料なこととゲストの目の前で料理演出をしてくれることです!

持ち込みが無料なのはうれしいポイントですよね。

収容人数は2名から。挙式スタイルは教会、人前に対応しています。

まとめ

挙式形態を選ぶ前に、1日の流れを知っておくと安心ですよね。

一般的な結婚式は、結婚式が30分、披露宴が2時間半ほど。少人数結婚式と掛かる時間はそれほど変わりません。

ただし、一般的な結婚式は人数が多いため、少人数のようにゆっくり過ごせなかったり、ゲストひとりひとりに合ったおもてなしが難しかったりします。

どちらにしようか迷っている方は、少人数結婚式と一般的な結婚式でなにができてなにができないのかをピックアップすると、答えが見えてくるかもしれません。

本記事がみなさんのご参考になりましたらうれしいです。

                        

SAMPLE

CONTACT

只今ご注文が殺到しております。
挙式日によってはお引き受けできない日がございますので、
お早めにお申込みください。

このページのトップへ移動